QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ログ・ホライズン 第2話「ロカの遭遇戦」感想 

ログ・ホライズン 1 [Blu-ray]ログ・ホライズン 1 [Blu-ray]
(2014/01/29)
寺島拓篤、前野智昭 他

商品詳細を見る

世界は広い。

空を飛ぶ生き物の背中に乗って、地上を見下ろしたとき、初めて実感する世界の広さ。空を見上げて初めて実感する、空の青さ、広さ。あぁ、異世界ファンタジーだなぁとしみじみ思えて、涙腺緩んできてしまいました。そうだ、こういうファンタジー好きだったのに、最近忘れてたよ・・・。

おぅ、いきなり感傷的に。今回も、PK、職業、サブ職業、スキル効果など、戦闘用語の丁寧な説明がありました。基本用語の解説があると、ネトゲに詳しくない私みたいなのでも、世界観が理解しやすくなるからありがたいです。主人公が(いい意味で)理屈っぽくて支援職だからこそかなー。

それに戦闘自体もパーティプレイしてて楽しめました。目の前に表示されるステータス表示、技を使うときは技名詠唱、ビリビリ縛り上げ、楽しい補助魔法。ゲームの設定がかなり作り込まれている上で、戦闘もゲームらしい攻撃や連携を使ってくれるのがいいですよね。何回も見てしまう。

だから襲ってきてくれたプレイヤー達には感謝?主人公パーティは個人でも強いけど、一番の強みは連携の良さ。騎士は盾役として前衛で戦い、主人公は補助魔法を使いつつ参謀として指揮、大正義アカツキちゃんが影から伏兵を暗殺倒してました。一人ではなくチームで戦うのが楽しいー。

肉体的に死ねるわけでもなく、目的を与えられるわけでもない。主人公は戦闘での苦労は(そんなに)しなさそうだけど、ギルドを統括してる顔見知りのお姉さんとか、名もなきプレイヤーたちの様子を見てると、しっかり緊迫感が伝わってくるんですよね。逃げ場がない人間関係って怖い。

ゲームとしての土台(設定)をしっかり作りこんだ上で、リアルな人間が集まって情勢を作り出してる感が、本当に丁寧に描かれてると思います。大きな目的がない世界の話なのに、ここまで楽しく見れるんだなぁ。主人公も好感が持てるし、アカツキはぐうかわだし、よいアニメですた。

2013/10/15 Tue. 01:05 [edit]

Category: ログ・ホライズン

Thread:アニメ・感想  Janre:アニメ・コミック

TB: 1  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/86-98fcfb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ログ ホライズン 第2話 「ロカの遭遇戦」 感想

少しずつ明らかにされる世界観とはじまった冒険の旅にわくわくする。

Little Colors | 2013/10/15 18:25

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。