QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

進撃の巨人 第24話「慈悲 ――ストヘス区急襲②――」感想 

進撃の巨人 5 [初回特典:80P「進撃の巨人」スペシャルフルカラーコミック(原作:諫山創)] [Blu-ray]進撃の巨人 5 [初回特典:80P「進撃の巨人」スペシャルフルカラーコミック(原作:諫山創)] [Blu-ray]
(2013/11/20)
梶裕貴、石川由依 他

商品詳細を見る

アルミンの立案した作戦に沿って、アニを地下通路への入口まで誘い出すことに成功したエレン、ミカサ、アルミン。しかし、アルミンの真意に気づいたアニは巨人化し、エレンを死にもの狂いで捕えようとしていた。地下通路内に逃れたエレンたちを狙う女型の巨人・アニ。ミカサ、アルミンを守るためエレンも巨人化を試みるが……。

女達の顔めっちゃこわい。

最高だった。アクションも作画もエレンのうじうじも最高。正直最近なんだか盛り上がれないなぁなんて思ってたけど、今回は見終わった後に拳を振り上げたくらい興奮した。ミカサさん顔めっちゃこわい。やはり小人達の奮闘がそれなりに通じる話は燃える。ハンジさん顔めっちゃこわい。

てか兵長がかっこえぇ・・・。今回のリヴァイの横顔は、大人っぽくてキュンときました。いつかはどこの中学生だとか言ってほんとすみませんした。脚をかばう仕草もえろかっこよかったです。

そして今回も改めて確信した。ヒーローはアルミンだ。情を捨てきれないところはありつつも、恐ろしいほど冷静にことを進めるあたり、頼りになると同時にぞっとします。有能すぎたり勘が良すぎたりすると、なんだか恐ろしくなってしまうのは、私の劣等感が刺激されるだからなのだろう。

でも今回に限っては、もっと恐ろしいお方がいました。おそらくアルミンとは全く別のベクトルで、アニにストレートな憎悪を向けるミカサさん。だんだん顔が近づいてくるのめっちゃこわい。

エレンのためらいは印象的でした。初期から比べれば、どんどん兵士として精鋭化していった104期生の中で、1人人間性を取り戻していくようなエレン。目の前のもの全部救うためなら、人だってあっさり殺してたエレンが、すごく迷って苦しんでます。そんな今のエレンもかっこいい。

アニ巨人の捕獲作戦については、もう言うことなし。他の兵士の立体起動に比べると、ミカサは壁の反動を利用した攻撃を多用して、全身を無作為に斬りつけてくるから、アニには想像がつきにくい行動なのかなぁと思ったりした。でもあの辺の動きは、一回見ただけじゃ理解できませぬ。

てかアニは自分に攻撃してくる兵士たちを捕まえて、ぶんぶん振り回すのが怖い。遠心分離であれがあれしてあれしちゃうよね。あにだけに。感情をまるで感じさせない攻撃は怖いですわ。

ただ、今回のアニは感情的でした。前回あれだけ感情的に笑ってたし。もうああいう笑いをしてしまった時点で、感情を殺して目標だけを追い続けるのは無理だったのかも。ハンジさん顔めっちゃこわい。最後はエレンも、自分を奮い立たせるように巨人化したので、次回が楽しみです。

2013/09/25 Wed. 02:04 [edit]

Category: 進撃の巨人(終)

Thread:進撃の巨人  Janre:アニメ・コミック

TB: 1  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/71-2f17e38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

残酷な世界の中で

砂漠化! 迫力です!見てて、思わず声が出ます@@; 『進撃の巨人』 #24 慈悲 -ストヘス区急襲?- エレンとリヴァイがいるのは古城を改装した旧調査兵団本部でしょうか? リヴァイの下品きわまりないひとり言。 エレンのために沈黙を埋めようとしてということだった...

マイ・シークレット・ガーデン vol.2 | 2013/09/26 10:21

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。