QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

「ファンタジックチルドレン」全26話 感想 

ファンタジックチルドレン 1 [DVD]ファンタジックチルドレン 1 [DVD]
(2005/03/25)
河原木志穂、皆川純子 他

商品詳細を見る

南の島・パパン島で両親と暮らす少年・トーマは、ある日島の遺跡でヘルガという少女と出会う。無口で、どことも知れぬ場所の絵を描いては、そこに行きたいと言う彼女の願いに、トーマはヘルガを慕う少年・チットと共に、ヘルガを“行きたい場所”へ連れていこうとする。

このアニメを見ようと思ったのは、”少年少女へ、胸躍りワクワクドキドキする本格的な冒険ファンタジーを届けたい…!!”という煽り文句を見たから。絵柄からしてちょっと子供向けっぽいかなとは思ったのだけど、久しぶりに明るい冒険ファンタジーが見たくなって、視聴しはじめました。

でも見始めてみてすぐに気付く。これ絶対子供向け(だけ)じゃない・・・!!

直接的な描写はないけど、大人が子供を殴る、男性が女性を殴る、ドロドロメロドラマなど、現代では放送できなさそうな描写だらけ。リアルな絵柄だったら、相当キツかったろうと思います。

内容も謎だらけで、かなり難解に感じました。序盤は少年トーマ、少女ヘルガ、謎の子供たち、刑事クックスと、4視点が入り乱れるだけでなく、時間軸も時系列通りではない(たぶん)ので、意味が分かりません。今回は一気見だったから良かったけど、週1だったら視聴断念してたかも。

ただ、序盤さえ乗り越えてしまえば、少しずつ謎が解けていくから飽きることはないし、終盤に明かされる答えには、素直に驚きました。だから私にとってこのアニメは、爽快な冒険ファンタジーというより、ファンタジー要素のある恋愛ミステリー。・・・ジャンル幅が広すぎるのは認める。

そんなわけで、視聴前は絶対ネタバレを見ないほうがいいです。事件そのものはあまり謎ではないけど、キャラクターにまつわる謎は、初見でいた方が感動すると思います。特にこのアニメは。

ただ、この物語で深く描かれるのは、謎ではなく人間の心です。直視するには辛い感情を、じっくり見つめていくので、謎が解ける開放感よりも、ほぼ全員にある暗い感情が胸に迫る作品でした。

※ここから重要なネタバレ、あと長文注意※


はぁ、疲れた・・・。いや、すごく面白かったのだけど、壮大で容赦ない話なだけに、ちょっとグッタリはするよね・・・。でも本当に面白かった。見てよかった。音楽も最高に良かった。OP曲のオーケストラアレンジには何度も泣かされた。忘れられない。冒険ものは他で補充しよう。

多人数の輪廻転生ものだと分かってきたとき、やっぱり「ぼくの地球を守って」を連想してしまった。罪を犯した宇宙人たちが、地球で出会って苦しみながら贖罪を目指す。向こうは少女漫画、こちらはアニメという違いはあるけど、大人ソランを見たときのイラッと感は近かったかも。

このアニメの登場人物は、みんな暗い感情が描かれてて嫌いになれなかったけど、ソランだけはそれが少なくて、あんまり好きになれなかったなぁ。かなりお話が進んでも好きになれなかったトーマが、前世判明してからは好きになりすぎて、最後のソラン登場にイラッとしてしまったくらい。

トーマの正体には本当に驚いた。ミスリードってこれかと思った。すっかり騙された。少年ソランの容姿がトーマに似てたこと、なにより少年ソランの声がトーマを演じる皆川さんだったことで、完全にトーマ=ソランだと思った。おかげで視聴断念しそうになりましたごめんなさい。

トーマがセスだったと分かると、思い当たる場面はたくさんあった。一番感動したのは、トーマが時折見せる謎の手の動きが、セスが銃で親友を撃って震える手の動きだったこと。これ凄くきた。

個人的な好みとして、両想いのお姫様と騎士が前世で悲しい別れをして、現世でまた出会って恋に落ちるというお話だったなら、正直見る気にならなかった。でも、その後の鬱展開があって、前世で物わかりの良すぎたセスが、やたらと喧嘩腰のトーマに転生してたと思うと、また、くる。

ただ、トーマが前世を思い出して、髪と目の色が変わるシーンは、すごく好き。アギに縋りつくところも含めて。文句は言いつつ主人公として見ていたトーマが。転生の対象としてノーマークだったトーマが。やっと舞台に上がってきた。それがなんだか嬉しくて。胸も痛んだのだけど。

このトーマの覚醒を起点として、終盤は関係者全員が贖罪を目指しながら、トーマとデュマがその中心になっていく流れも、とても好きだった。てかこの2人が一番大罪人の役割を負ってたよね。

唯一10年後が描かれたことから見ても、この物語の主人公はヘルガだったのだとは思う。辛い生を送りそうなデュマや、全ての記憶を忘れて生まれ変われたトーマやアギ達が、ハッピーエンドというよりもベストエンドなら、ソランと再会できたヘルガは、ハッピーエンドな物語の主人公。

物語の締め方として、とても綺麗で納得のいく終わり方だけど、それでも私はトーマやチットやデュマやアギ達の10年後が見たかった。というか10年後の容姿が見たかった。そんな個人的な感傷があったから、最終話だけはあまり好きになれないのかも。それでも、本当に、見て良かった。

2013/09/19 Thu. 00:36 [edit]

Category: 過去アニメ

Thread:アニメ  Janre:アニメ・コミック

TB: 0  /  CM: 1

top △

コメント

拍手レス>

わぁ、嬉しい。中身が詰まってて、見終わった後お腹いっぱいになるけど、とてもよいあにめでした。こうやって過去アニメを見ていくのも、すごく楽しいなぁと思いました、はい。

茶葉 #- | URL | 2013/09/21 01:08 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/66-a8e7c48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。