QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

八犬伝―東方八犬異聞― 第十五話「廻縁」感想 

八犬伝―東方八犬異聞― 7 (初回限定版) [Blu-ray]八犬伝―東方八犬異聞― 7 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/09/25)
柿原徹也、日野聡 他

商品詳細を見る

シリアスを打破する小野坂結界。

この作品はシリアスな世界観で、寡黙で落ち着いた人が多いので、例の黒猫の存在感は、なんというか、衝撃的でした。しんみりやってるところに、よく耳に馴染むオネエ口調が介入してくる違和感、お分かりいただけますでしょうか。でもこういうキャラって、旅の仲間には不可欠だよね!

前回と今回も、しんみり良い話でした。この人形師のお兄さんは、今まで出てきた男キャラの中で、一番見た目が好きです。頭に手ぬぐい?を巻いてるところとか。声が津田さんなところとか。

そして相変わらず女の子キャラがとてもかわいい。アクエリオンのあたりから、中島さんの声が非常に好きになったので、今回の妹ちゃんの声を聞いたとき、1人でおぉー!となってました。悲s

前回のお話は、怪奇演出が割と強めで、結構本気でビクビクしてました。和室と手毬の組み合わせは、和ホラーの定番だと思う。そして定番に怖いと思う。このアニメは本当に作画が綺麗だし、静かな空間の見せ方も想像をかきたてるので、本気でホラーをやられたら泣く自信があります。

このお話も、メインキャラは実は死んでいて、手にかけたのは身内で、身内は化け物になっていた、というオチ。1期から見ていると、こういう展開多いなぁという印象なのだけど、内面の弱気な部分を取り上げて、異なる存在との心を交わす物語には、やはり惹かれるものがあります。

人形師の男を助けていた猫のお話も、1期の女医さんと猿のお話を思い出すような、繊細で切ないお話で、しんみり心に染みました。1期は女性がメインになった回の方が面白いと思ってたけど、今回の人形師の父親との親子関係には、素直に感情移入できたので、2期も期待できそうです。

2013/07/18 Thu. 01:31 [edit]

Category: 2013年夏アニメ

Thread:アニメ・感想  Janre:アニメ・コミック

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/51-07908418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。