QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

進撃の巨人 第12話「傷 ――トロスト区攻防戦⑧――」感想 

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る

素質。

今回も大きな話の動きはなかったのだけど、おそらく主要人物ではない(失礼)キャラの内面も、しっかり描いてくれるのがいいですね。泣き言や愚痴や嫉妬や劣等感、どれも弱くて情けない感情だけど、そこを描くから共感も出来るのです。というか弱さを描いてくれないと私は入り込めん。

そして、そんな弱さを抱えつつ、自分を奮い立たせる人達に、勇気をもらえる気がします。そんな男気を見せてくれたのが、今回はイアンとジャンとアルミンでした。名前にアとンが多い。

特にイアン班長はかっこよかったです。これしかないと賭けたエレンが機能しないんだから、エレンを置いていこうとした2人の反応はもっともなんだけど、そういう状況で目的意識も尊厳も失わないイアン班長は凄い。そしてそんなイアンの素質をちゃんと見抜いてるピクシス指令も凄い。

私の語彙では凄い凄いとしか言えないのだけど、こんな風に動ける人になりたい、と思えるような大人を描いてるところが大好き。本当にこういうアニメはもっと浅い時間に流すべき。ちょっとだけ残酷描写はあるけど。でもこういうアニメを流して、アニオタと未来のアニメ製作者を量産ry

一方、今週のジャンかっこいいじゃん。なんだか言動がかっこよくなりすぎて、遠くに行ってしまった感があるのはなぜだろう。苦い経験から強くなろうとするから、やっぱりジャンは好きだ。

更に今週のヒーロー兼ヒロイン兼アルミン。エレンを取り戻すのはミカサではないのかぁ、と思うと少し寂しい気もするけど、小さいころから夢を語り合ってきたアルミンだからこそ、エレンに声を届けるのもアルミン、という展開は良いですよね。ミカサは今回かわいかったから許して。

そうだ、閉じこもったエレン。以前、不完全ながら巨人化したとき、身体の内側にあたる地面には花が咲いていた、ということがあったけど、今回の幻想に包まれたエレンを見ていたら、巨人という存在にますます興味がわきました。なんというか、神秘的というか、繭のようというか。

巨人の怖さのひとつに、『貼り付けたような笑顔』もあると思うのだけど、巨人たちがそんな表情をしてるのは、本人は幸せな夢を見てるからなのかもしれないですね。幸福な夢=母親=繭。

あのキャラはこれからこうなります~てネタバレはかなり見かけるけど、巨人に関しての謎は原作でも明かされてないらしいので、この辺を心置きなく妄想できるところも良いと思います。最後はまるで週刊漫画雑誌のような引きだったけど、次回はエレンの巨人起動が見れたらいいなぁ。

2013/06/30 Sun. 02:27 [edit]

Category: 進撃の巨人(終)

Thread:アニメ・感想  Janre:アニメ・コミック

TB: 2  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/40-4f5ea01c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こころの窓をたたく友

カーボンオフセット! 急ぎ足で〜^^; 『進撃の巨人』 #12 傷 -トロスト区攻防戦?- ミカサとアルミンがスゴイです。 巨人になって自分を襲うエレンの鼻先に取り付いて説得しよう...

マイ・シークレット・ガーデン vol.2 | 2013/06/30 23:13
Little Colors | 2013/07/01 23:02

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。