QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

京騒戯画 #8「あっちとこっちでもめる話」感想 

京騒戯画 (電撃コミックス)京騒戯画 (電撃コミックス)
(2012/09/27)
mercre、東堂 いづみ 他

商品詳細を見る

崩壊。

神社ってどういう機関だったっけ、なんて今更聞けないふんいき。今回は色々と種明かしがありました。世界の正体、先生の正体、宮司の正体・・・。とても壮大でSF寄りな種明かしでした。

でもこの種明かしは、ちょっとだけ萎えました。12個(だっけ)の平行世界が存在していて、先生はその世界を観察する位置にいて、13個めの世界を作ってしまったこと。そして今は、12個の世界を守るために、鏡都は滅びの危機に瀕していて、コトは鏡都を救おうとしていること。

なんだか壮大すぎて、SFすぎて、話が広がりすぎて。個人的には、現世と幻世とその狭間の世界くらいの規模で、人間も妖怪も仙人も寄り集まった連中が、血縁を超えて家族になっていくお話の方が見たかったなぁ、と。というより平行世界って設定自体、私はあまり好きではないのかも。

とはいえ、コトの「ぶっ壊す」宣言はスカッとしました。それに明恵がコトを正面からぎゅっと(腹パン)してくれたのも満足。ハッピーエンドも見えてきたけど、八瀬は幸せになってほしい。

2013/12/12 Thu. 02:51 [edit]

Category: 京騒戯画(終)

Thread:アニメ・感想  Janre:アニメ・コミック

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/130-e94e4dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。