QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

黒子のバスケ 第33Q「誠凛高校バスケ部だ!」感想  

黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)
(2009/04/03)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る

誓い。

こういう話弱いのん。凡人の叫びは胸に響きました。日向は凡人ではないと思うけど、同世代に超人がいると、自分をつまんない存在に思うのは分かる気がする。あと日向は三井ファンだと思う。

日向の金髪ロン毛を見た瞬間、『うわ、懐かし』と思ってしまたった。そして現役復帰後は、メガネ君路線を踏襲してた気がして、ニヤニヤリ。この辺は勝手な想像だけど、好きな漫画のかっこいい世界観に憧れて、現実とのギャップにガッカリする感覚は身に覚えがあります。痛いほど。

この作品は能力がありすぎてツマンネな人達のドラマが中心だから、そんな人たちに蹂躙されるしかなかった側の人間の心情は、とても新鮮だったし身近に思えました。バスケやってなくても毎日つまらないって、青峰も似たようなこと言ってたけど、意味は真逆なのが面白くて染みますね。

日向の中の細谷さんの叫びは最高でした。負けて悔しいけどあきらめたくないって感覚は、時間がたてば風化してしまうってちはやふるで言ってた気がする。こういう気持ちを引き出してくれた人と出会えたって、すごくラッキーなことですよね。的確に古傷抉られすぎて私の胃が危なかった。

そしてその人自身も古傷を背負っていたという展開に涙腺も危ない。花宮はえげつなかったというかバレたら停学レベルだけど、前の習得の試合を見てたとき、『緑間を潰せばいいんじゃないかな』とか考えてしまった私が言えることはないのです。木吉の涙は破壊力ありすぎて大変ですだ。

2013/12/03 Tue. 00:39 [edit]

Category: 黒子のバスケ

Thread:アニメ  Janre:アニメ・コミック

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/120-c3980272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。