QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話「ともだち」感想 

蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)蒼き鋼のアルペジオ 03 (ヤングキングコミックス)
(2011/03/30)
Ark Performance

商品詳細を見る

守るための戦い。

我慢できなかったよ・・・。今回も面白かったです。ストーリー自体は王道なんだけど、王道ってやっぱり気持ちいいですね。ハルナもキリシマもイオナも最高にかわいかっこよかったです。

博士が静かに息を引き取った直後、蒔絵を処分するために屋敷が襲撃されたことを察知したハルナは、一人で兵士達の前に立ちます。人間を排除するためではなく、蒔絵の命を守るためだけに。

この流れだけで泣きそうでした。蒔絵への愛情を語った博士の死から、蒔絵への愛情のために命を張るハルナへの、最高に熱い流れが主人公すぎて。内に秘めた想いを受け渡すかっこよさよ。

ハルナの戦い方も男前でした。人間を殺さないように、ひたすらシールドで相手の武器を無力化。戦艦の特性とかさっぱり分からないけど、ハルナがあれだけ重厚感のあるコートを着てるのは、防御重視の戦艦だからなのかな。今思えば海戦ではキリシマへのサポートが中心だったなぁ、と。

もちろんキリクマも男前です。OPでもキリクマ化してたり、SEがいちいちかわいかったりして、シリアスな場面でも笑わせてくれるキリクマだけど、肉弾戦でもとってもつおいのです。霧への忠誠心?が強かったのに、蒔絵のハルナへの想いにほだされちゃうところが、すごく愛おしい。

お互いにお互いを守りたくて、前線にいたハルナの胸に飛び込んできちゃった蒔絵と、黙って付き合うキリシマと、そんな蒔絵を抱きしめるハルナ。ここの蒔絵を抱きしめるハルナが、蒔絵が選んだ服を着ているところも、胸に響きました。たぶんコートがシールド代わりなんだろうけどね。

大事なんだなぁ、てことが伝わってきます。カニロボや兵士の銃撃を一身に受けて、シールドも間に合わなくなってきた頃に、助けを呼んだハルナの声が凄く人間らしくて、この辺で泣いてしまいましたわな。この声に応えて修羅のようにイオナが現れた場面は、もう笑い泣きでしたわな。

ハルナとキリシマが乗船するってことは、ここからは戦艦の戦闘が主軸というよりも、イオナとメンタルモデル達との和解が中心になっていくのかな。霧の艦隊との対立路線よりも、陸軍も海軍もひっくるめた日本政府との対立になっていきそう。個人的には分かりやすくて大歓迎ですのん。

2013/11/16 Sat. 01:52 [edit]

Category: 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-(終)

Thread:感想  Janre:アニメ・コミック

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/109-351e7f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。