QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

黒子のバスケ 第30Q「待ってたぜ」感想  

黒子のバスケ 2nd season 1 [Blu-ray]黒子のバスケ 2nd season 1 [Blu-ray]
(2014/01/29)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る

再戦!

いい試合だった、まだ終わってないけど・・・。一度降した相手との再戦なので、盛り上がりはどうかなぁと思ってたけど、とても楽しく見れました。一度目は緑間のキャラ紹介の意味合いが強かったけど、今回は相手もチームとして攻めてきたし、こちらも木吉の加入が効いてましたね。

今回の試合での緑間は、積極的に囮役を引き受けてパスを出す、サブ的な動きが印象的でした。やりたいように打ちまくる緑間ではなく、チームのためにボールを味方に預ける緑間の姿は、かつての姿からは考えられないほどの驚きで・・・て知ってたけどね!前回の予告で言ってたからね!

もともと緑間はそれほど唯我独尊なイメージはなかったけど、前の試合ではこんなに高尾が目立ってはなかったから、試合を見てる方としては楽しいですよね。なんだあの動きー!とか言いたい。

緑間の得点シーンは減ったけど、チームとして攻めてくるようになったから、こちらが用意していた戦術とも噛み合って、とても見応えのある試合になってました。全員攻撃・全員守備なスタイルを、どちらもハイスピードでぶつけあうから、もう楽しくて楽しくて。分かりやすいは正義。

今回の試合は作画も良かったですよね。1期の終盤くらいにあった、本気作画を思い出しました。大男たちが走りまわってコートが狭い!相手を振り切ろうとして選手がわやわや動く!特に高尾の奇抜な股抜きから、緑間シュートの流れは燃えました。なんだあの変な動きー!とか言いたい。

あと、序盤の方にあった、緑間が3Pを打とうとする→火神が飛ぶ→タイミングずらされる→緑間打つ→木吉が飛ぶ、の流れも好きでした。でかいのが2枚揃った安心感から、木吉にときめく流れ。

ただ、緑間とチームの関係や、微妙に嬉しそうな緑間にはときめいたのだけど、戦況やら心境は語りすぎな気もしました。作画で十分語れてるのに、その後にずらずらと喋ってしまうのは、勢いを止めてしまうような。緑間の弱体化と黒子の新技披露のための試合、にはなってほしくないなぁ。


自分用メモ。人名は結構覚えやすいけど、学校名がなかなか結び付かぬ。
黒子・火神→誠凛
緑間・高尾→秀徳
青峰・桃井→桐皇
黄瀬・笠松→海常

2013/11/08 Fri. 00:36 [edit]

Category: 黒子のバスケ

Thread:黒子のバスケ  Janre:アニメ・コミック

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuragome2.blog.fc2.com/tb.php/101-0cfcbf73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。